Day of Delight

陰謀論やガンプラ、日々思ったことについて書いていきます。

L'Arc~en~Cielとイルミナティ(その1)

今日は「L’Arc~en~Ciel」というアーティストについて調べましたので記事をかいてみようと思います。(フランス語で「虹」という意味だそうです。)

f:id:chelchibi:20170815150259p:plain

J POP界隈では比較的有名なグループではないでしょうか。

アニメソングのタイアップも積極的に行っています。

例えば鋼の錬金術師では「Ready Steady Go」や、「Link」でしょうか。

f:id:chelchibi:20170815150801j:plain

ハガレン」はRAPT理論では既に取り上げられています。

RAPT | RAPT×読者対談〈第107弾〉SFと北斗七星と蛇と水銀。

GTO」には「Driver's High」なんかも提供していますね。

f:id:chelchibi:20170815151001j:plain

今回はこの通称「ラルク」の皆さんが残しておられる、イルミナティの足跡を辿ってみようと思います。

色々と証拠が出てきましたのでそれらをまとめてみます。

まずは先に述べた「Ready Steady Go」のMVについてです。

その中の1シーンです。

f:id:chelchibi:20170815151546p:plain

いかがでしょうか。明らかに「目」ですね。

つまり「ホルスの目」です。

「目」がなぜイルミナティのマークなのかについての記事です。

RAPT | フリーメーソンのマークは1万年以上も前から存在した。「ホルスの目」に隠された悪魔の真相。

この問題のMV、ネット上で探しても中々見つかりませんでした。もちろん著作権の関係もあるかとは思います。ですが、そもそもこのMVが露骨過ぎるので、あまり表に出ないようにしてるのではないか、とさえ思いました(笑)。

次に、とある曲についてです。

その名も、「666」。

隠す気がありませんね(笑)。(この日本ではキリスト教や聖書が普及していないし、どうせわからないだろう、とタカをくくっていたのかもしれません。)

この数字についても「聖書」を読んでいなければ意味がわかりませんし。

「6」とは悪魔の数であり、「666」とはイルミナティの三つの勢力を表しています。

すなわち「出雲族秦氏、月派」ですね。

以下の記事をご参照ください。

RAPT | RAPT有料記事113(2016年10月22日)千年王国はどのように実現されていくのか。

わざわざ「666」なんて曲名をつけるのはおかしな話です。

で、こんなのは偶然だ!とほざくのがバカなネット工作員の特徴です。

反論の余地がないから「偶然」とか「たまたま」、「そんな訳がない」という言葉しか出ないのです。

後は「RAPT理論を信じる奴はバカだ」、というレッテルを貼ったりしますね。そうして世の中の人が真理に到達しないようにするのが目的です。

いわゆる誤誘導、ミスリードというものですね。

安倍首相が森友や加計学園問題で、散々「私にレッテルを貼るのはやめていただきたい」とおっしゃっておられましたが、そういう自分はどうなんでしょうか。

自分が麻生太郎とともに、RAPTさんや御言葉、RAPT理論に「レッテル」を貼っていることは、どう国民に説明されるおつもりなのでしょう。

まさに「自分のことを棚にあげている」訳ですね。本当にどこまでも偽善者、悪人です。

そして、その悪人から端した金をもらい、RAPTブログの誹謗中傷を行っている工作員もその悪魔崇拝者と同類の、人間サタン(人間の姿をしてはいますが中身は悪魔)です。

少々話がそれてしまいました。「ラルク」に戻ります。

もう一つ、大きな証拠といえるものがあります。「ファンクラブ」の名称です。

その名も「Le Ciel」。

日本語で読むと「ルシエル」。

つまり「ルシファー」ですね。(「ルシエル」は「ルシファー」の別名です。)

以下はその関連記事です。

RAPT | RAPT有料記事12(2015年9月28日)サタンの起源と由来。

RAPT | RAPT有料記事13(2015年9月29日)神様の愛という最高の宝物。

コソコソと隠れながらも、自分を目立たせたいから最後には全てがバレてしまうのでしょうか。ファンクラブにこのような名を冠することで、ある意味「賛美」をしている、とも考えられます。しかしその賛美の相手は神を自称する「サタン」ですが。彼らも、人間に自分を拝んでほしいと思っているので、そんなことをさせているのでしょうか。

最後にもう一つ。

ボーカルの「hyde」が立ち上げた、「VAMPS」というユニットです。

f:id:chelchibi:20170815162611p:plain

 そしてこのVAMPSの曲に「evil」という曲があります。

その歌詞です。以下はそのリンクです。

http://j-lyric.net/artist/a04e07d/l0336d1.html

多少英語が読める方であれば、この歌詞の意味がわかるでしょう。

まさにサタンそのものですね。

MVも先の「Ready Steady Go」と比較してさらに悪魔的なものへと変貌しています。

以下はそのキャプチャです。

f:id:chelchibi:20170815165137p:plain

画面中央上部のステンドグラスをご覧ください。十字架にかけられたイエス・キリストが移っていますね。これ見よがしにイエス様を貶めるような絵を掲げるあたり、徹底しています。

その後徐々に形が変化します。以下その画像です。

f:id:chelchibi:20170815165534p:plain

そうです。「バフォメット」です。(緑の勢力、月派の拝む悪魔と考えられています。)

さすがに見ていて少し頭が痛くなってしまいました。

以下が関連記事です。

RAPT | 悪魔のバフォメットと長崎の平和祈念像とアメリカ初代大統領のジョージ・ワシントン像とが同じポーズをしている理由。

RAPT | 安倍晋三・稲田朋美をはじめ緑の勢力が「第三次世界大戦」を引き起こそうとしている厳然たる事実。

バアル、アシュトレトと並んで比較的名前の知られているかと思います。信じられないことに、アメリカではその像が作られたとのことです。

karapaia.com

それにしてもライブでわざわざこんな手の込んだことをやっているのですね。いちいちこんな反キリスト的なものを用意するのも大変な気がしますが… 世間に対する影響が大きいアーティストほど、サタンからそのように命令されているのかもしれません。ある種の「信仰心」を見せなければいけない立場にある、ということでしょう。で、それをやめるか、できなくなったときに命を奪われる、と。ヤクザの世界で組を脱退するときに「指をつめろ」と要求されるようなものですね。

本当に恐ろしいものです。そしてもっと怖いのはそうとわからずにサタンから使われることでしょう。

という訳で、今回は「L'Arc~en~Ciel」について見てきました。

hyde」本人が本気でサタンを拝んでいるかどうかはわかりません。

プロデューサーや所属するプロダクションからやらされているだけの可能性もあります。

ここでいいたいのは、彼が悪魔崇拝を普及する一翼を担っていることには変わりがない、ということです。

たとえ普通の人がこれらのMVや曲を視聴して、悪魔崇拝に傾倒はしなかったとしても、そのような音楽を造り、世の中の人の波長を乱しているのは事実です。

これらの音楽に触れているだけで、霊的に敏感な方もそうでない人も、おかしくなるのは明白でしょう。

イルミナティもそのことをわかっているので、露骨にその類の文化芸術を造っているのかもしれません。

ということで、今回は「L'Arc~en~Ciel」の残した悪魔の刻印を見てみました。