Road to Duel Masters

日々思ったこと、デュエマのことについて書いていきます。

RAPT理論から見る空想科学2

私は平成ライダー世代ですので昭和のライダーを知りません。

例えば「ブラック」や「ストロンガー」、「V3」などは見ていません。

ただ柳田理科男氏著の「空想科学読本」においてそれを題材とした研究を読んではいました。そのため「サブカルチャーに隠された悪魔の紋章」

http://rapt-neo.com/?p=38551

を目にしたとき納得がいきました。どうみても仮面ライダーは「バッタ」ではなく「ハエ」です。

そして「ハエの王」こそ「バアル」であり、サタン一味のうちの一匹です。

旧約聖書ではイスラエル民族がバアル信仰によって神様から怒りを買う場面がたびたび見受けられますがこれと同じことが現代でも起こっているわけですね。

もちろん仮面ライダーブラックを見ている人はただ「ブラック」を格好いいと思っているだけで自分がサタンを拝んでいる、悪魔を礼拝しているとは露知らずです。

私もRAPT理論を知らずにアニメを見ていたときはそうでした。神社仏閣での参拝もそうです。結局サタンは自分たちが実に醜く、汚い形をしていて本当の姿を知られたら人間が離れていき神様側につくとわかっているからこそこそとやるわけですね。

神道悪魔崇拝ではないと必死に情報かく乱するのも、アニメが創価学会によって毒されているのはデマだ、あるいはRAPT理論はムチャクチャなものだと工作するのもそれが目的といってよいでしょう。

光の天使を装うのがうまいのがサタンですがまさにそのことが「仮面ライダー」にもいえるということでしょう。

もう一つ具体例を挙げると「仮面ライダーX」のOPに「GOD機関の悪巧みを止めろ」という趣旨の歌詞がありますがこれは聖書に対する反逆に他なりません。つまり「X」(蛇であり悪魔でもあるもの)が「GOD」(神)に敵対しているわけですね。(「蛇」は創世記では悪魔の例えです)

また、メタルギアソリッドの「スネーク」も例としていえますね。

どうして「スネーク」、「蛇」である必要性があるのでしょうか。別にスパイなら「ジェームズ・ボンド」でもいいじゃないですか(笑)。しかもMGS3の主人公ネイキッドスネークは独眼です。一つ目です。

作中の「愛国者達」や「CIPHER」、これもイルミナティのオマージュなんじゃないかと勘ぐってしまいます。わざわざ核兵器を題材にしてるあたり放射能原発原爆の嘘を隠したいんでしょうね。しかも怪しいのが小島秀夫監督が「能勢電鉄の駅」を小ネタとして入れている所です。(MGS2アーセナルギア内でのエリア表示などですね)「能勢電鉄」ですか。その沿線上にはイルミナティの聖地「能勢妙見山」があるんですけどね。小島秀夫氏もイルミナティとつながりのある人と見て間違いないと私は踏んでいます。何しろ繋がりがないとゲームも売れないし作れませんから。

RAPT理論を詳しく知るとサタンとイルミナティのやり方が手に取るようにわかるので楽しいですよ。

まだまだ色々サブカルには悪魔の刻印が埋め込まれていますのでこれからはそれらを一つ一つ紐解いていこうと思っています。