Day of Delight

陰謀論やガンプラ、日々思ったことについて書いていきます。

RAPTブログを知った経緯

私は一年前に有料記事を拝読しクリスチャンとなったと以前書きました。

ただRAPT理論については二年ほど前から知っていて、また記事も見ていました。

2014年12月だったと思います。その頃なぜか陰謀論に興味を抱き始めましてネットを徘徊していました。

そして数ある陰謀論ブログの中でRAPTさんの理論に触れました。

最初に目にして衝撃を受けたのは「エジプトは悪魔崇拝である」と「天皇悪魔崇拝者であるとしか言えない」という記事です。

当時大学生だった私はサークルで考古学をやっていたこともあり、まさかエジプトが悪魔崇拝などというおぞましい物の聖地であるとは夢にも思っていませんでした。

また神社に参拝などもしていた方だったためまさか自分の拝んでいた物がサタンであるとは最初思いたくはなく、受け入れがたい事実でした。

しかし記事を読み進めれば読み進めるほどますます自分の中の確信は強まっていきました。何しろ一つ一つが根拠があり筋の通っている話だからです。はっきりいってここまで矛盾なく悪魔崇拝の実態を語り、また神社仏閣にいって拝むことがいかに恐ろしいことであるかと立証された記事は目にしたことがありませんでした。

そして実際に記事のとおり神社にいかずに家で祈ると本当に心に平安が訪れるのを感じたのです。

正直な話RAPTさんのブログを目にするまでキリスト教には偏見を持っていました。

しかしRAPTさんがおっしゃるとおりに実践したら本当に不安や心配が、悩みが徐々になくなっていったのを感じたのです。

そして一般記事と有料記事に驚き、また感動するようになっていきました。

自分のそれまでの生き方、またどんな罪を犯して生きてきたのかを自省し、また有料記事の御言葉の通りに悔い改めをしていったら、さらに心の平安は増し加わって生きました。

以前までは結婚をしたり、富や名誉を得たり、また恋愛をしていけば幸せになると思い込んでいた自分がいました。人生を幸せに生きるためにはそれらを手に入れないといけない、と思い込んでいる節もありました。しかし初めて一般記事の中で聖書の神様のことを知り、有料記事を読み進めるうちに神様の愛を感じるようになりました。

そしてそのあまりの偉大さに今では日々心を打たれています。聖書の神様の歴史を学べば学ぶほどどれだけ神様が人間に自分を愛するようにと労苦し、また人間のために執り成してくださったのか知るうちに人間の愛に固執していた自分が憐れに思えます。

まだまだ霊的な成長も、また悟りも足りませんが神様の道を踏み外すことなくこれからも生きていこうと思います。

もしこの記事をご覧くださり少しでもRAPTさんのブログに、また聖書に興味を抱かれた方がいらっしゃいましたら是非有料記事と一般記事を読んでみてください。

日本民族に神様からの祝福が訪れますことをお祈りいたします。