1/48 ティーガーⅠ 初期型

今回は、また戦車のプラモデルを作成しましたので、写真をアップしてみます。

ティーガーⅠ 初期型」です。

ティーガーI - Wikipedia

ティーガーI(ドイツ語: Tiger I)は、第二次世界大戦期のナチス・ドイツで開発された重戦車である。」

当初、ポルシェ案とヘンシェル案のどちらを採用するかで、議論がなされていました。

ヒトラーはポルシェ案を採用したかったようですが、結局ヘンシェルに決定したんですね。

ここで出てくる「ポルシェ」はもちろん、あの高級車の製造メーカーです。

以前の記事でも、パンター製造にベンツが関わっていると書きましたがティーガーでも同様でした。

兵器開発は、やはりボロ儲けの種のようですね。

下手をすると、今ある全世界の大手メーカーのほぼ全社が、第二次世界大戦時の武器製造に関わっているかもしれませんね。

十分ありうる話ではあります。

イルミナティが戦争を起こすにしても、人とカネは必要ですから。

彼らの計画していた、第三次世界大戦に関してもそれらの条件は必要です。

RAPT | アルバート・パイクが予言した第三次世界大戦について。

ところで、キット化され有名になっている戦車には、ナチスドイツ製のものが多いことに驚かされます。

パンターシリーズ、ティーガーシリーズ、突撃砲…名前を挙げればキリがありませんね。

いかに肉的に見て隆盛を誇っていたのかが、よくわかります。

そして、それらのデザインおよび性能は、ヒトラーの霊的な力から生み出されているといっていいのかもしれません。

霊的に高められ、力が強くなると「肉界(目に見えるこの世界)」においても強大な力を持つことができます。

これは宗教というよりも、科学です。

端的に言えば、「霊界」と「肉界」が並存し、かつそれらが相互に影響しあっているということです。

RAPT | ヒトラーとオカルトの関係について。またはヒトラーの背後で見え隠れする「天皇派」の影。

RAPT | ナチスドイツが戦争に負けた真のカラクリ。またはヒトラーを操った「緑龍会」について。

 

以下感想です。

キャタピラのウェザリング(汚し塗装)にパステルを使用しました。

アクリル塗料に、パステルの粉末を混ぜて塗るわけですね。

いい感じに土を表現できました。

あとは砲身と後部マフラーにすす汚れを施せばよかったな、と思いました。

すす汚れにも適切な色がありますから、その辺りは試行錯誤ですね。

スケールは1/48ですが、再現度は高いですね。お値段も手ごろです。

デメリットに関しては、キャタピラの装着が難しい点とシャーシが金属製であることですね。特にシャーシに関しては、プラモデル用接着剤が使用できずに痛手でした。なんとか瞬間接着剤で補強しましたが、無理やりつけた感が出てしまったかもしれませんね。

f:id:chelchibi:20171114205750j:plain

f:id:chelchibi:20171114205812j:plain

f:id:chelchibi:20171114205831j:plain

f:id:chelchibi:20171114210458j:plain

神様と悪魔が与えるそれぞれの練達。

最近、麻生太郎とか安倍晋三といった政治家にも、「練達の期間」と「使命期間」が存在しているのではないかと思いました。

神様側も人間に練達と使命の期間を定めている以上、サタンの側もそうするだろうなあとしか思えないからです。

モーセダビデイエス・キリストパウロといった聖書に登場する人物はみな、練達を受けてから使命を成しています。

RAPT | RAPT有料記事72 (2016年5月30日)神様はご自分を愛する者を練達してお使いになる。

で、元々サタンは「神様に従っていた天使たち」でした。

その中で、最も強大な力を誇り神様の近くで仕えていたのが、「ルシファー」でしたね。

RAPT | RAPT有料記事154(2017年3月13日)ルシファーが第一線を退いた経緯と、カルト宗教の恐怖について。

とすれば、彼もその「使命と練達」が人間を使うときに、有効だと知っていた可能性が高いです。神様の近くで仕えていれば、当然その知識と力を受けられますからね。

会社の社長に最も近くしている人が、権力をもつのと同じことです。

RAPT | RAPT有料記事155(2017年3月18日)

麻生太郎も議員として当選し、政界に進出する前に様々なことを行っています。

麻生太郎 - Wikipedia

おそらくその期間に「悪魔教」を学び、その教えを実践していたのでしょう。

様々なサタンを召喚したり、人を呪う為の技能を身につけたり、自らの霊魂を徹底的に堕落させたりといった所でしょうか。(考えるだけで寒気がしますが…)

この他、とにかく悪魔の業を行えるように練達されていたのでは、と考えました。

RAPT | 〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。

しかし、これも当然といえば当然かもしれません。

ただの一人の人が、マスコミや庶民からのバッシング、周りの人間による工作活動をかいくぐりイルミナティと一国の舵取りを行うのは、不可能です。

これは、霊的な助けがなければ成しえないことです。

しかし、サタンからすると人間を自らの体として使うために、鍛え上げないといけない。

そこで、政治家として使う前に彼に霊的な練達を与えていた、と。

麻生太郎が39歳で議員に初当選し、その後政治を司るようになったのはこのような理由があったんじゃないかなあ、と。

現実問題、総務省のHPを見てみると、「衆議院議員の被選挙権(立候補できる年齢)」は「25歳から」とあります。(麻生太郎は現在、衆議院議員として活動しています。)

総務省|選挙権と被選挙権

衆議院議員 日本国民で満25歳以上であること。」

不思議ですよね。

麻生太郎も「吉田茂」や「大久保利通」と血縁があるわけですし、政治が生業の家に生まれたようなものです。もっと早くから政界に進出していていいはずです。

RAPT | 「麻生太郎」とロスチャイルド家との強力なつながり。またはベンジャミン・フルフォードの正体。

RAPT | 天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。

しかし、そうはならなかった。四十手前で初当選し、議員としての活動を始めています。

で、その不可解な点について考えた結果、「サタンから練達を受けてから、使命を為し始めた」という結論に至った訳です。

その方が辻褄が合うな、と思いました。

もっとも、これは私の推測に過ぎません。

ですので、結論に自信はあまりありません(笑)。

主の祝福と、サタンによる妨害

唐突ですが、交通事故に遭いました。

といっても、体は全くの無傷です(笑)。

車のヘッドライト下部分のバンパーがへこんだ程度で済みました。

詳しい経緯についてです。

11/7の夕方ごろのことです。

帰宅途中、場所は直進道路でした。

対向車線の車両が、センターラインを割って入ってきていました。

速度はそれほど出ていませんでしたが、緩やかに蛇行運転をしていたので「大丈夫かなあ…」とは思いました。

とはいうものの、そのまま左折して、近くのショッピングモールの駐車場へ入るのかなあと思い運転していましたので、気付いたころにはぶつかっていました。

「え?マジで?」こんな感じです(笑)。

まさか、自分が交通事故に遭うとは夢にも思っていませんでした。

そして何より、御言葉で出たことが実現したことに驚きました。

「ここ数ヶ月はサタンによる妨害が激しくなる」というのが出ていたばかりだったのです。

普通の人なら、事故にあったらそのことで頭がいっぱいになり、混乱します。

しかし、今の私はそうではありません。

有料記事の御言葉が実現したことに、驚いています。

サタンが艱難苦難の風を引き起こして、信仰を剥奪しようとする。

そのことがまさに起こりました。

しかし、神様はサタンが引き起こした艱難を祝福に変えてくださいました。

なんと、車自体が新しくなったんです!

というのも、ちょうど今年の12月に車検が切れるのと、車自体の寿命が来ていた事が事故後の修理で明らかになりました。

そこで、10対0の相手方の負担で、示談金として頂いた15万円で車を買い替えることになりました。

最初は、私自身車に余り興味がないのもあって、「今の車でいい」と家族には伝えていました。しかし、家族や修理先の業者からも「買ったほうがいい」と言われたので結局購入することになりました。

もしかしたら、主が新しい車をくださるのかもしれない、と思い明け方に祈っていたらそうなりました。

しかも、15万円を使って車を買えるという話が出たのが「11月11日」だったのです!

これも御言葉の通りでした。

というのも、「11月11日は特別なお祝いの日だ」と出ていた訳です。

交通事故にあってから、新しい車の購入まで、一切が御言葉の通りに進んでいたのです。

本当にびっくりしています。こんなことは今までありませんでした。

やってきたことは、「有料記事」を読み信仰の条件をたててきたこと。

これだけです。

何よりも、交通事故で私の体が無傷ですんだこと、そして車まで新しくなったこと。

これらの奇跡を起こす神様の御力が偉大であると、胸を打たれました。

私を艱難から引き上げてくださった、神様に感謝します。

また祝福をくださった主の御名は、とこしえに称えられますように。

 

HG ダブルオーライザー

今回は、HG ダブルオーライザーを作成しました。

素組+スミ入れ+つや消し+部分塗装です。

f:id:chelchibi:20171107211310j:plain

ダブルオーガンダムと、オーライザーが合体して生み出された機体ですね。

f:id:chelchibi:20171107211110j:plain

 

f:id:chelchibi:20171107211125j:plainトランザムライザーで高速移動し、敵機を撃墜するさまは、まさに「一騎当千」です。

f:id:chelchibi:20171107211140j:plain

f:id:chelchibi:20171107211158j:plain

アクションベース(クリアグリーン)を撮影に使用しました。

f:id:chelchibi:20171107211214j:plain

f:id:chelchibi:20171107211228j:plain

f:id:chelchibi:20171107211242j:plain

足のグレー部分に筆で塗装を施してあります。

GNソードⅢがかなりいい味出してますね。

刹那の搭乗する機体にはデカい剣が似合います。

 

ところで、全く関係のない話ですが、また一つ「新世紀エヴァンゲリオン」に埋め込まれたサタンの封印に気付きました。

RAPT | RAPT×読者対談〈第118弾〉この世はどこもかしこもフリーメーソンだらけ。または盛和塾と自己啓発と神智学協会。

ニューエイジに関連した作品として取り上げられていました。

で、その封印とはエヴァに登場する「使徒」についてです。

そもそも使徒とは、イエスキリストに従い、そばで仕えていた人物たちのことです。

kotobank.jp

その使徒が人類の敵だとされているわけですから、この時点で反キリストということはご理解いただけるかと思われます。

問題はその数です。

エヴァ」において、使徒の数は「12」ではありません。

f:id:chelchibi:20171107212059j:plain

そうです。

「18」です。

「666」ですね。

また、これも気付いて驚いたのですが、「18番目の使徒」は「人間」(作中リリンは人間とされています。)とされています。

わざわざ数を「18」に揃えて、しかも人間を18番目に設定したんですね。

おそらくイルミナティからすると、「人間どもは俺たちの支配下にある!」と示すため、あるいはそんな構想をサタンから受けてしてやったり、といった所でしょうか。

なんだか彼らが気の毒に思えてきました。

いちいち文化芸術に反キリストを混ぜ込むのって、大変なんじゃないでしょうか(笑)

まあそうしないと商業的に成功できないから、やらざるを得ないんでしょうが…。

自分が作りたくもないモノを生み出して、得る富や名誉はどんなものなのでしょうか。

庶民には量りかねる所です(笑)。

ただ得ても幸せにはなれないだろうなあ、という気はします。

実際、テレビに出ている芸能人や、政治家たちはとても苦しそうな表情に見えますし。

彼らこそ富や名誉に飽き足りてとても幸福そうにしているはずなんですがね。

顔は笑っていても、「無理矢理喜んだ風を装っているな」という印象しか受けません。

 

そんな人生は歩みたくないな、と心から思いました。

 

次回は、「1/48 ティーガーⅠ 初期型」で記事をアップする予定です。

有名なので軍事にあまり詳しくない方でも、一度は耳にした事のある名でしょう。

それでは。

1/35 パンター 中戦車

今回は戦車のプラモデルを作成してみましたので、写真をアップしてみます。

f:id:chelchibi:20171031164514j:plain第二次世界大戦中にヨーロッパ戦線で活躍した戦車です。

関連するRAPT理論の記事も紹介したいと思います。

何せ、歴史の授業では第二次世界大戦の構図はさっぱり理解できませんからね(笑)。

ではでは、戦車の紹介です。

正式名称は「V号戦車パンターA型(Sd.Kfz.171)」といいます。

これが後に「パンターD型」へと変わりました。

パンターpanther、つまり「豹」を意味しています。

ソ連製のT34という戦車に対抗して、「ダイムラー・ベンツ社」によって製造されました。

ティーガー」と並んで有名なものですね。

第二次世界大戦後期、東部戦線において連合軍と対決し、活躍しました。

 

ここで注目したいのが、製造した会社名です。

お察しのとおり、高級車の「ベンツ」を製造している会社です。

今では名を変えています(ダイムラー)が、その源流は「死の商人」、「武器屋」だったわけですね。実は、日本でも同じことが起こっています。太平洋戦争で出現した「ゼロ戦」も、「三菱重工」と「中島飛行機(自動車メーカー、スバルの前身)」が製造しています。

(以下wikipediaより転載です。)

ダイムラー・ベンツ - Wikipedia

『1998年、アメリカの自動車メーカークライスラーを事実上吸収合併し、社名をダイムラー・クライスラーに変更、約70年にわたるダイムラー・ベンツの歴史に幕を下ろした。』

『2007年8月、ダイムラー・クライスラーは不振のクライスラー部門を米投資会社、サーベラス・キャピタル・マネジメントに売却、2007年10月ダイムラーに社名を変更した。』

おそらくこういうことでしょう。

ヒトラー率いるナチ党と一緒に戦争を引き起こす。

②戦争をするには当然兵器と資金が必要になってきます。そこに、ベンツの出資者(ロスチャイルドあたりの偽ユダヤ人でしょうか)が一枚噛んでいたのでしょう。

③資本家はヒトラーに資金(ナチ党の運動資金など)を提供。で、ヒトラーはいざ戦争を引き起こすとなればベンツ社に戦車の製造を依頼。

④ベンツ社は戦車の大量生産で大儲け。

呆れた話です。

しかし、以上のように考えるだけでは、第二次世界大戦の謎は半分も解けません。

なぜ彼がそれほどの権力、出資家から金を湯水のごとく使えるほどになったのか。

そもそも世界各地で戦争を起こし、ドイツ帝国の再建などという、無謀とも言える野望を推し進めたのか。

理由は簡単です。

ヒトラーには目に見えない力、悪魔が「憑依」していたため、ここまで大きなことができたと考えるのが妥当だ、ということです。

あまりにも突飛な話に聞こえるかもしれませんが、これが現実です。

でなければ、あれだけの悪、世界規模で戦争を引き起こすことなどできません。

出資家が偽ユダヤ人だと考えるのも、偶然ではありません。

彼らも、悪魔崇拝者の一味だからです。

要は、「同じ悪魔を拝んでいる者同士で結託した」。この一言で片付くということです。

RAPT | ヒトラーとオカルトの関係について。またはヒトラーの背後で見え隠れする「天皇派」の影。

RAPT | ナチスドイツが戦争に負けた真のカラクリ。またはヒトラーを操った「緑龍会」について。

上の記事をご覧いただけば、我々が教えられている歴史がいかに嘘八百に満ち、デタラメかつ頓珍漢なものかご理解いただけるかと思います(笑)。

 

以下製作の感想です。

迷彩塗装、スミ入れ、ドライブラシ、ウェザリングを行いました。

初めての戦車作成で色々とてこずりました。

個人的に難しかった点について。

まず一つ目は、砲塔の合わせ目消しでした。

いつまでたっても合わせ目が消せず、何度もパテで埋めたり、瞬間接着剤を盛ったりしました。

おかげで、砲塔だけ完成が遅れてしまいました(笑)。

二つ目。履帯(キャタピラ)のたるみの表現でしょうか。

キャタピラをそのまま嵌めるだけだと、ゴム製のため車輪から離れてしまいます。

それを防ぐために、瞬間接着剤で車輪にくっつけてしまいました。

接着剤が目立つかな?と思ったりしましたが、ウェザリングをしたらそうでもなくなりました。結果オーライです。

 

次回は、HG ダブルオーライザーで記事を書いてみようと思います。